新垣結衣のポスターの瞳に人影が映りこみ謝罪?それっていけないの?

aragaki

新垣結衣のポスターの瞳に人影が映りこみメーカーが謝罪?一体何が起こったの?

事の発端はある男性のツイッターの書き込みから。

「駅貼りの雪肌精の特大ポスター。ガッキーきれいだな〜と思って近づいてみたら、ガッキーの瞳に映り込むカメラマンと扇風機持ったスタッフ!! 」

この書き込みはtwitterで一気に拡散されました。




そして15日には雪肌精公式アカウントが謝罪するという事態に。
本当に新垣さんの目に人が写っているのでしょうか?

aragaki_eye

おお!確かに人らしきものが写っていますね!!

でも、それって普通のことなのでは?

scs

コーセーの化粧品「雪肌精」の公式ツイッターは15日、広告キャラクターを務める女優の新垣結衣のポスターの瞳にカメラマンらスタッフが映り込むミスがあったと謝罪しました。

これに対し、

モデルの瞳に写真家や照明が写り込むのは当たり前であると、プロカメラマンやデザイナーから「雪肌精」の謝罪に対し、困惑の声が上がりました。

とのことです。そうですよね、そんなに謝るほどのことなのか?と私も思いました。別にいいじゃんって思いますよね。

そこでtwitter上の困惑の声とは一体何なのか、少し抜粋してみました。

モデルの瞳に写真家やレフが写り込むのは、業務上の過失でもなんでもなく、当たり前のこと。過去の広告ポスターや雑誌表紙などのモデルの瞳を拡大したら大概確認できる。これを過失として詫びたら、世界中の写真家、広告、出版関係者は大迷惑だよ。
〜引用先:twitterの書き込みより〜

謝らないでください世の中のクリエイター特にカメラマンや広告業の方達が迷惑します。写るのは当たり前のことですから。
〜引用先:twitterの書き込みより〜

また、投稿した本人と思われる男性も

映り込みって、写真のとても魅力的な要素の一つだと思います。誰かが迷惑を被ったわけではないのですし、むしろ舞台裏を覗けてラッキーなことなので、あまり過剰に反応しないでほしいです。。
〜引用先:twitterの書き込みより〜

とのコメントしています。

なお、コーセー側は

謝罪は過剰反応、と言われていますが「ポスターサイズであるにも関わらず、修正していなかったのはミス。商業写真ですし、レタッチするのが当たり前。お叱りの声もありましたので謝罪しました」

と謝罪の意図を説明しているそうです。この謝罪は修正ミスのまま気付かず世に出してしまったことに対してであり、写り込みのそのものを否定するものではないとのことです。

それだけ新垣結衣さんの瞳が綺麗なので注目度が集まったとも言えますね。

新宿西口地下ホールの特大ポスターチェックしてみては如何でしょう?

スポンサーリンク

コメントを残す